専業主婦でもお金が効率的に借りれる

専業主婦の私はお金を借りることはできないのではないかと思っていましたが、実際には意外と気楽に借り入れができました。審査では、私の収入ではなく、夫の収入を申告して借り入れることができ、利用限度額は20万円というなかなか満足のできるサービスでした。返済も毎月5千円ずつでよいということだったので負担もなく、お小遣いの範囲内で利用できそうでした。

 

収入はそこまでぎりぎりではなかったのでやりくりの範囲内でしっかりほしいものを購入できました。夫に黙って利用しなければいけないほどのものでもなかったので、気軽に相談して、夫の了承も得られました。クレジットカードも夫に持たせてもらえて、必要な家具やその他の食器類をそろえることもできました。高級なブランドグッズなどには興味はないですが、最低限趣味として必要なものくらいは手に入れられるようになっています。

 

お金を借りるときには当然審査も入りますが、他行からの借入や収入はしっかり聞かれました。しかし、元々専業主婦向けのサービスとしてアピールしていたサービスを利用したのでそこまで審査は厳しくはありませんでした。かなり気軽に借り入れができましたが、借金の返済についてはかなり意識して返せるようにしています。専業主婦でも借りられるサービスがあるというだけでも驚きでしたが、意外と利用者も多いようだったので少し安心しました。決して借りすぎないように、また、借金ばかりで買い物をしないように貯金も意識して利用しています。

 

専業主婦は基本的に収入がないですが、近年は配偶者にしっかりと収入があれば借り入れをすることもできます。もちろん、利用できる金額は少ないですが、10万円から30万円程度ならば審査にも通過できる場合が多いです。また、専業主婦向けのサービスも登場しており、借金がどんどん多くの人に利用できるようになってきています。

 

便利ではありますが、その分危険も隠れているのでお金の管理を大切に市ながら利用するとよいです。専業主婦の場合、配偶者の年収を申告する必要があり、副業などの収入があるようならばそれらも一応は申告できます。それでもそもそもサービスとしては利用限度額が最大50万円程度と低めなので、工夫して活用するようにしましょう。冷蔵庫やテレビなどの家電を購入する程度には利用できるはずです。

 

消費者金融系のサービスに専業主婦向けのサービスが多いですが、銀行でもそういったサービスが増えてきています。利用限度額やシステムなどはあまり変わりないですが、金利が多少低く設定されていたり、キャッシュカードと一緒に利用できるなどのメリットがあります。

 

負担はあまりないですが、満額借り入れてしまうと返済でかなり大変になってしまうので注意が必要です。繰り上げ返済の手間もある場合が多く、金利がどうしても多くかかってしまうことも把握しておきましょう。サービスによっては利用者にかなり有利なサービスもあるので、銀行の優遇金利などもチェックしてみるとよいです。

 

専業主婦は基本的に収入がないといわれているので、その方々向けのサービスの利用限度額もかなり低めです。キャッシングでは一般的ですが、10万円から30万円程度の金額が多いです。決して多くはない金額ですが、急な出費や家庭に必要なものを購入するくらいには十分な金額です。

 

場合によっては配偶者の理解を得ておいた方が借入限度額をアップできることもあるので、必要に応じて相談して収入証明書も手に入れられるようにしておくとよいです。万が一の時のための保険として登録だけしておくのもよい方法です。普段は利用しなくてもよいサービスが多いので、サービス内容にも気を付けて選び出すようにしましょう。身近に良いサービスがなくてもネット銀行系のサービスは日本全国どこからでも利用できるので視野に入れておいてもよいかもしれません。

参考サイト